●火星と木星の間に残された無数の小惑星が存在する。
【説1】
●小惑星たちはいったんある程度大きくなり、その後にバラバラになった。
●その根拠として「族」というものがある。
●族とは軌道が似通った小惑星のグループで、もともと一つの天体だった可能性が高い。
●小惑星帯には、複数存在する。
●また、直径910キロメートルの「セレス」なども存在する。
●巨大な木星の重力の影響で小惑星帯の付近の天体は楕円軌道となり、軌道の交差角度が大きくなる。
●その結果衝突が激しくなり、粉砕された。
【説2】
●小惑星帯はもともと塵が少なかった。
●実際、現在小惑星帯にあるすべての天体を足し合わせても、月にも満たない。