天体と宇宙について

天体と宇宙について、ゆっくりと深く調査していきたいと望んでいます。 宇宙は理想的な再生工場ともいわれています。何故そういわれるのかも調査していきたいと思っています。 宇宙の大きさ・過去・未来についても興味深々です。 パラレル宇宙についても興味がありまず。

火星の画像(その①)

金星探査機「アカツキ」について

●数年前にこの探査機は火星軌道に乗ることに失敗した。
●今年12月7日再び火星軌道に乗るチャンスが到来する。
●この日に残ったエンジンを作動して火星軌道に乗ることを再トライする。
●目的:火星の大気の動きを観測すること
●金星の状態:470℃ 90気圧 炭酸ガス
●自転:太陽系で唯一公転方向と逆
●大気の速度:自転速度の60倍の速度(100m/sec)

金星の磁場は何故弱いのか?

●地球と内部構造はほぼ同じでありながら何故強い磁場がないのかについては、自転周期(243日)がおそいためであると考えられている。
●磁場のバリアーがないため太陽風の直撃を受け大気が失われたと考えられている。
●ただし、バリアーが全くないわけではない。
●電離層の上端部に電流が流れる層がありこれがバリアーとして働く。
●しかしこの層は地表に近いところに形成されるので、磁場のバリアーに比べると効果が少ない。
●これらの結果、現在のように地球と金星の差が生じてしまったと考えられている。 
ギャラリー
  • 地球の画像1
  • 水星と金星の画像1
  • 水星と金星の画像1
  • 火星の画像
  • 土星の衛星エンケラドゥスに生命の可能性
  • 木星の衛星エウロパにも多量の水
  • 木星の衛星ガニメデに大量の水
  • 木星と土星の画像1
  • 木星と土星の画像1
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ