天体と宇宙について

天体と宇宙について、ゆっくりと深く調査していきたいと望んでいます。 宇宙は理想的な再生工場ともいわれています。何故そういわれるのかも調査していきたいと思っています。 宇宙の大きさ・過去・未来についても興味深々です。 パラレル宇宙についても興味がありまず。

小惑星は何故惑星まで成長できなかったのか?

●火星と木星の間に残された無数の小惑星が存在する。
【説1】
●小惑星たちはいったんある程度大きくなり、その後にバラバラになった。
●その根拠として「族」というものがある。
●族とは軌道が似通った小惑星のグループで、もともと一つの天体だった可能性が高い。
●小惑星帯には、複数存在する。
●また、直径910キロメートルの「セレス」なども存在する。
●巨大な木星の重力の影響で小惑星帯の付近の天体は楕円軌道となり、軌道の交差角度が大きくなる。
●その結果衝突が激しくなり、粉砕された。
【説2】
●小惑星帯はもともと塵が少なかった。
●実際、現在小惑星帯にあるすべての天体を足し合わせても、月にも満たない。
 

小惑星について

●小惑星は、太陽系小天体(small solar system bodies)の内、星像に拡散成分(コマや尾)がないものの総称。、

初回投稿

太陽系にはその他のよくわからない星が多数あります。小惑星やオールトの海がらみの彗星などです。この辺のことを書いていきたいと思います。
ギャラリー
  • 地球の画像1
  • 水星と金星の画像1
  • 水星と金星の画像1
  • 火星の画像
  • 土星の衛星エンケラドゥスに生命の可能性
  • 木星の衛星エウロパにも多量の水
  • 木星の衛星ガニメデに大量の水
  • 木星と土星の画像1
  • 木星と土星の画像1
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ